出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

プレート背景に豊郷小旧校舎 滋賀、ご当地ナンバー決定

豊郷小旧校舎や江州音頭の絵柄をあしらった豊郷町のご当地ナンバープレート
豊郷小旧校舎や江州音頭の絵柄をあしらった豊郷町のご当地ナンバープレート

 滋賀県豊郷町は、江州音頭や豊郷小旧校舎の絵柄をあしらったミニバイクなどのご当地ナンバープレートのデザインを発表した。12月3日から交付申請を受け付ける。

 プレートには、米国人建築家・ヴォーリズ設計の豊郷小旧校舎が校門前からの視点で広角に描かれている。また、発祥とされる地が町内に残る江州音頭の絵日傘と扇の図柄も、左側に配した。

 デザインは、町が7~8月に公募。全国から25点が寄せられ、香川県丸亀市の垂水秀行さんの案を採用した。

 ミニバイクなど排気量別に白、黄、桃色を使い分ける。

 交付申請は午前8時半から税務課で受け付け、標識番号「1」のプレートから先着で番号順に交付する。新規登録のほか、交換も1回限り可能。同課0749(35)8119。

【 2018年11月09日 09時40分 】

ニュース写真

  • 豊郷小旧校舎や江州音頭の絵柄をあしらった豊郷町のご当地ナンバープレート
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース