出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

愛知、鷲見ら柱に入賞狙う 女子駅伝戦力分析、東海・北信越

愛知から出場する鷲見梓沙。全日本実業団駅伝では、エース区間の3区を任された(2017年11月、宮城県)
愛知から出場する鷲見梓沙。全日本実業団駅伝では、エース区間の3区を任された(2017年11月、宮城県)

 第36回全国女子駅伝が14日、京都市内で実施され、47都道府県から選ばれたランナーがたすきをつなぐ。各チームの顔ぶれ、目標などを地域ごとに紹介する。

 優勝を含め前回まで8大会連続入賞の愛知は、2015年の世界選手権代表の鷲見梓沙と、全日本実業団駅伝で4区区間2位と好走した伊沢菜々花のユニバーサルエンターテインメント勢が柱となる。藤中佑美(光ケ丘女高)ら伸び盛りの中高生もそろい、米田勝朗監督は「全員、代表としての自覚が強い。序盤で先頭争いができれば、上位は見える」と入賞を目指す。

 静岡は、昨夏の世界選手権代表の清田真央(スズキ浜松AC)のアンカーが濃厚。全日本実業団駅伝2区区間賞の渡辺菜々美(パナソニック)や、全国高校駅伝1区区間4位の鈴木颯夏(常葉菊川高)も力があり、バランスの取れた布陣で臨む。「中盤で高い位置をキープし、過去最高の5位を上回りたい」と渋川努監督は語る。

 09年以来の入賞を狙う長野は、全国高校駅伝2位の長野東高から1区区間賞の和田有菜ら6人がエントリー。ユニバーシアード1万メートル銅メダルの細田あい(日体大)も頼もしく、玉城良二監督は「序盤から上位でレースを進め、アンカーで粘る」と意気込む。

 岐阜は、全日本大学駅伝1区区間2位の青木和(名城大)を1区に起用する予定。羽柴卓也監督は「うまく流れに乗り、10位前後に近づきたい」と力を込める。前回20位の新潟は、全日本実業団駅伝5区区間2位でユニバーサルエンターテインメントの優勝に貢献した中村萌乃ら社会人が軸。「中高生も良い選手がそろい、ここ数年で一番充実している」と八木さゆみ監督は手応えを感じている。

 石川は全日本大学駅伝1区を制した五島莉乃(中大)と、全日本実業団駅伝6区区間賞の猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)に注目。「前半から積極的な走りで勢いに乗りたい」と向田匡宏監督は前回34位からの飛躍を狙う。三重は、リオデジャネイロ五輪代表で今季限りの引退を表明している尾西美咲(積水化学)ら実業団選手4人が中心。若松誠監督は「中高生の粘りに期待」。

 福井は平均年齢19・1歳と若い編成。主将の平井恵(キヤノンAC九州、佛大出)を軸に「我慢のレースで30位内に入りたい」と堀真浩監督。3年連続最下位の富山は、ユニバー・ハーフマラソン3位の福居紗希(城西大)がチームを引っ張る。山本正樹監督は「30位台でつなぎたい」と語る。

【 2018年01月12日 15時00分 】

ニュース写真

  • 愛知から出場する鷲見梓沙。全日本実業団駅伝では、エース区間の3区を任された(2017年11月、宮城県)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース