出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

男子駅伝も京都にエール 21日号砲向け激励会

激励懇親会で決意を述べる京都の中井監督(中央)=京都市下京区
激励懇親会で決意を述べる京都の中井監督(中央)=京都市下京区

 21日に広島市で開かれる第23回全国都道府県対抗男子駅伝に出場する京都チームの激励懇親会が12日、京都市下京区のメルパルク京都であった。京都の陸上関係者ら約80人が出席し、4位入賞した前回に続く躍進を目指すチームにエールを送った。

 2012年に発足した京都府チーム後援会の主催。中井祥太監督(京都外大西高)をはじめ、中高生の選手8人が出席した。

 前回の京都は府最高タイムを更新し、6大会ぶりの入賞を果たした。後援会の渡部隆夫会長が「今年も上位入賞を、さらには天皇杯の栄誉を勝ち取ってほしい」と激励。中井監督は「年末から合宿を2度行い、状態はいい。一丸となって入賞を目指す」と話し、選手たちが一人ずつ決意を述べた。

【 2018年01月12日 22時30分 】

ニュース写真

  • 激励懇親会で決意を述べる京都の中井監督(中央)=京都市下京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース