出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ドナルドソン内野手が最高額更新
大リーグ、年俸調停前に契約続々

 ブルージェイズのドナルドソン内野手、カブスのブライアント内野手(いずれもゲッティ=共同)
 ブルージェイズのドナルドソン内野手、カブスのブライアント内野手(いずれもゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、年俸調停の権利を持つ選手と所属球団とが希望額を提出する締め切りを迎え、ブルージェイズが2015年のア・リーグ最優秀選手(MVP)のドナルドソン内野手と年俸2300万ドル(約25億5千万円)の1年契約で合意するなど続々と契約がまとまった。複数の米メディアによると、ドナルドソンの年俸は調停の権利を持つ選手ではナショナルズのハーパー外野手の2162万5千ドルを超えて史上最高額となった。

 主な選手では、16年ナ・リーグMVPのカブスのブライアント内野手が初めて権利を得た選手としては史上最高額の年俸1085万ドルで合意した。

【 2018年01月13日 10時51分 】

ニュース写真

  •  ブルージェイズのドナルドソン内野手、カブスのブライアント内野手(いずれもゲッティ=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース