出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

リオ五輪代表・尾西、最後の出場 全国女子駅伝、三重

三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)
三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)

 2016年のリオデジャネイロ五輪女子5000メートル代表で、今季限りの引退を表明した三重の尾西美咲(積水化学)が最後の都大路を駆ける。日本選手権で同種目を4連覇した実績を持つ32歳のベテランは古里への感謝の思いを胸に、「楽しんで走りたい」と本番を心待ちにしている。

 三重県伊勢市出身のスピードランナー。全国女子駅伝は三重チーム一筋でこれまで10度都大路を走った。「沿道の応援がすごく多い。1区の上りで友達の声が聞こえて頑張れたことがある」と話す。

 第26回大会(2008年)では、出身の宇治山田商高の先輩であるアテネ五輪マラソン金メダリストの野口みずきさんとともに走り、当時の三重の過去最高タイムを記録した。「みずきさんが来てみんな盛り上がっていた。高校も同じでずっと憧れの選手。当時はすでに実業団に入っていたけど、本当は私もサインをもらいたかった」と笑う。

 高校卒業後の03年に積水化学に入社し、15年。「最初は大学に入ったつもりで4年間頑張ろうと思っていた。こんなに長く続けられた」。13、15年には世界選手権に出場。16年の日本選手権5000メートル決勝では持ち味の終盤のスパートで最後に2人を抜いて4連覇を飾り、初の五輪切符を手にした。

 全国女子駅伝は4年ぶりの出場となる。12日にチームに合流し、「いつも苦しいので最後は楽しんで走りたい。道路の真ん中を走れるのもなかなかないですよね」と笑いつつ、「中学生もいる。結果も大事だけど、年下の選手にとっては学ぶことが多い」としみじみ語る。後輩に積極的に話しかけ、豊富な経験を惜しみなく伝えている。

【 2018年01月13日 09時40分 】

ニュース写真

  • 三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース