出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

渡部兄弟の日本Aは6位
スキーW杯複合団体第2戦

 団体第2戦スプリントの後半距離でリレーする渡部善斗(左)と渡部暁斗=バルディフィエメ(共同)
 団体第2戦スプリントの後半距離でリレーする渡部善斗(左)と渡部暁斗=バルディフィエメ(共同)

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は13日、イタリアのバルディフィエメで団体第2戦スプリントが行われ、渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)の日本Aは6位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS135メートル)で渡部善が127メートル、渡部暁は123・5メートルを飛んで3位につけ、トップと17秒差で出た後半距離(15キロ)は途中まで3位争いに加わったが、順位を落とした。飛躍で首位に立ったエリック・フレンツェル、ビンツェンツ・ガイガーのドイツBが優勝した。

 渡部剛弘(ガリウム)山元豪(ダイチ)の日本Bは12位。

【 2018年01月14日 01時11分 】

ニュース写真

  •  団体第2戦スプリントの後半距離でリレーする渡部善斗(左)と渡部暁斗=バルディフィエメ(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース