出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

車いす駅伝に健常者チーム初出場 11日号砲、心待ちに

初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区

 11日に京都市内で行われる「第29回全国車いす駅伝」に、健常者だけのチームが初めて出場する。メンバーの6人はこれまで各都道府県チームのスタッフなどで大会に関わってきたが、今回は「車いすマラソン愛好会」としてオープン参加する。「うれしい。まずはレースを楽しみたい」と号砲を心待ちにしている。

 メンバーは宮城や愛知など4県の男性5人と女性1人で、普段から競技用車いす「レーサー」に乗って練習している。監督を務める埼玉県の特別支援学校教諭の吉川博史さん(63)=埼玉県越谷市=は、競技歴20年。全国車いす駅伝には過去埼玉チームの監督として参加し「選手がうらやましいと思っていた」という。

 全国には健常者も出場できる車いすマラソン大会があり、数年前から愛好会のメンバーの一人で宮城県職員の藤田悦生さん=仙台市=が中心となって同駅伝への参加を要請してきた。昨年の大会で選手に健常者チーム参加の是非を聞いたところ大半が賛成で、今回のオープン参加が決まった。

 同駅伝は昨年、参加チーム数が18と過去最少だった。来年30回の節目を迎える前の新たな試みに、京都障害者スポーツ振興会(京都市左京区)の中村芳道事務局長(61)は「今の共生社会の流れの中で、障害者と健常者が一緒に参加することに意義がある」と強調する。愛好会の佐藤貴洋主将(50)=千葉市=も「今回をきっかけにレースの輪が広がれば」と話す。

【 2018年03月11日 05時00分 】

ニュース写真

  • 初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      水玉模様で車の速度抑制図る
      群馬・安中で一般道初の試み

      20180922000002

       群馬県安中市の国道18号碓氷バイパスの一部区間で交通事故防止を狙い、水玉模様の路面標示..... [ 記事へ ]

      経済

      客室にアート作品、浴室に「イラ」採用 京都に新ホテル開業

      20180921000164

       京都市中京区河原町通三条下ルのボウリング場「京劇ドリームボウル」跡地に完成した宿泊施設..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]

      国際

      メイ英首相、EUに対案提示要求
      離脱方針で

      20180921000207

       【ロンドン共同】メイ英首相は21日、オーストリアでの欧州連合(EU)非公式首脳会議で自..... [ 記事へ ]