出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

関西の大学、スポーツ向上図る 連携組織、4月発足へ

大学スポーツコンソーシアムKANSAIの設立会見に臨む立命館大の伊坂教授(右)=大阪府茨木市・立命大大阪いばらきキャンパス
大学スポーツコンソーシアムKANSAIの設立会見に臨む立命館大の伊坂教授(右)=大阪府茨木市・立命大大阪いばらきキャンパス

 大学スポーツを取り巻く課題解決に向け関西の大学が連携する新組織「大学スポーツコンソーシアムKANSAI」の設立会見が14日、大阪府茨木市の立命館大大阪いばらきキャンパスで開かれた。一般社団法人として4月上旬に発足し、立命大や同志社大、龍谷大など約20大学が参加予定。大学スポーツが社会の公共財となり、地域貢献や経済活性化にもつなげる狙いがある。

 新組織は各大学が持つノウハウを共有する場と位置付ける。安全な練習環境を整えるための情報を交換したりクラブ運営のガバナンス強化を手助けする。各競技団体との連携や選手表彰なども行う。

 国は米国の大学スポーツ統括組織・NCAAの日本版組織を2018年度にも創設する方針で、この動きを踏まえて関西の大学の研究者らが約1年間議論を重ねてきた。新組織の略称は「KCAA」とし、事務局は立命大びわこ・くさつキャンパス(草津市)に置く。

 コンソーシアムの会長に就任する立命大スポーツ健康科学部の伊坂忠夫教授は「大学同士が協力することでイノベーションが生まれることを期待している」と話した。

【 2018年03月14日 23時24分 】

ニュース写真

  • 大学スポーツコンソーシアムKANSAIの設立会見に臨む立命館大の伊坂教授(右)=大阪府茨木市・立命大大阪いばらきキャンパス
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      京都市、町家に独自安全基準 木製の雨戸利用にめど

      20180921000099

       京町家を本来の意匠や構造を残したまま保存しようと、京都市が建築基準法に代わり独自に運用..... [ 記事へ ]

      経済

      規制強化で金融の事業主体が一変
      野村HDの永井CEO

      20180921000108

       野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)(59)が21日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]