出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

井上尚弥「もちろんKO狙う」
18日にWBSS準決勝

 記者会見する井上尚弥=15日、グラスゴー(共同)
 記者会見する井上尚弥=15日、グラスゴー(共同)

 【グラスゴー(英国)共同】ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(18日・英グラスゴー)の記者会見が15日、英国のグラスゴーで行われ、世界ボクシング協会(WBA)王者の井上尚弥(大橋)は「もちろんKOを狙っていく」と強気に宣言した。

 昨年10月の1回戦は1回1分10秒でKOして強烈なインパクトを残した。

 17戦全勝(15KO)の井上尚に対し、19戦全勝(12KO)の戦績を誇る国際ボクシング連盟(IBF)王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は「ずっと前から対戦したかった相手。この試合が実現してうれしい」と余裕を漂わせた。

【 2019年05月15日 23時36分 】

ニュース写真

  •  記者会見する井上尚弥=15日、グラスゴー(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース