セレマカップ 第51回京都少年サッカー選手権大会(U‐12リーグ)

修学院Yが連覇

紫光−修学院Y ドリブルで攻め上がる修学院Yの選手(左)。前期に続いて優勝を飾った=京都市左京区・宝が池球技場
紫光−修学院Y ドリブルで攻め上がる修学院Yの選手(左)。前期に続いて優勝を飾った=京都市左京区・宝が池球技場

 U―12(12歳以下)京都府リーグ1部の後期最終節が8日、京都市左京区の宝が池球技場で行われ、前期王者の修学院Yが勝ち点25(8勝1分け1敗)で優勝した。準優勝は勝ち点23(7勝2分け1敗)の精華が入った。3位は比叡S。

 リーグ1部は11チームが出場した。修学院Yは物部に2―1と競り勝ち、紫光には6―0と大勝した。大会は8人制のリーグ戦で、府リーグの1、2部と5地域リーグに計125チームが参加した。


攻撃力、存分に発揮 修学院Y


 修学院Yが、初優勝した前期に続いて後期も1部リーグを制した。最終戦で2位の精華が敗れて優勝が決まると、歓喜の笑顔を見せた。攻撃をけん引した葉山昂平選手は「優勝できてうれしい。練習の成果を出すことができた」と喜んだ。

 最終戦の紫光戦では攻撃力を存分に発揮した。前半8分、デンベレアダマ一朗選手が左サイドをドリブルで抜け出し、「相手のGKとポストの間に隙があるのが見えた」と左足のシュートで先制点を決めた。その後も得点を重ね、後半8分には再びデンベレ選手が頭で押し込んで6点目を挙げた。

 東出文太郎主将は「みんなサッカーが好き。それぞれ個性を出してプレーしている」と語る。1対1で競り負けない強さや、判断力を磨くことを重視して練習してきた。対戦相手に応じて選手のポジションを変更して戦う柔軟さもある。

 11月の全日本U―12選手権京都府大会も制し、26〜29日に鹿児島市で行われる本大会に初めて出場する。葉山選手は「試合を楽しみながら、しっかり集中して戦いたい」と気持ちを高めた。


比叡S−精華 激しく競り合う精華の選手(左)と比叡Sの選手
比叡S−精華 激しく競り合う精華の選手(左)と比叡Sの選手

最終戦で競り負け、精華準V


 ○…修学院Yより残り試合が1戦多かった精華は、ズイーガと長岡JFC Jに連勝したが、最後の比叡Sでは3−5で競り負け、準優勝に終わった。

 最終戦までは無敗で堅守を見せたものの、勝利すれば初優勝が決まる比叡S戦では序盤から失点が重なった。それでも、2度追いつく粘りを見せた。何度もドリブル突破を見せた谷田伎倖杜選手は「みんなあきらめずに、絶対逆転しようとしていた」と語る。仲井翼主将は「みんな仲が良くて、試合中も声をかけ合っている。悔しかったけど、次のサンガカップこそ優勝したい」と気持ちを切り替えた。


つないで得点できた


 3位の比叡S・東優希主将の話

 前期と同じ3位で、優勝できずに悔しい。パスやドリブルのミスなど課題があった。でも、DFから中盤、FWとみんなでパスをつないで得点できたのは良かった。



(10月14日、11月24日、12月1、2、8、9日・岩倉東公園ほか)
【府リーグ】
▽2部A 西京極0―0桂、鷹峯1―0東舞鶴、西京極2―0成仁、久御山4―2伏見、葵3―1東舞鶴、成仁2―0伏見、葵2―0久御山、紫A4―2巨椋、桂2―1洛央、鷹峯3―1巨椋
【北部リーグ】
▽3部 修斉B2―1大正、修斉B2―1下六
【東リーグ】
▽3部 ランファン1―0比叡G、Jマルカ1―0朱六、ランファン0―0グロリア、西陣中央3―1比叡G▽4部 修学院B2―2ナジェックB、暁1―0修学院B、暁3―0ナジェックB
【西リーグ】
▽3部 南太秦2―0園部B、松陽3―1南丹八木、桂川3―0宇多野、桂川3―1南丹八木、リノ3―2宇多野、南太秦2―0南丹八木、桂川1―1園部B、リノ2―1桂川、花園4―2南太秦、宇多野1―1松陽、リノ1―0花園、松陽1―1桂川▽4部 COREA1―0ボルト、南つつじ3―0日吉美山、南つつじ2―0園部W、日吉美山3―3園部W、南つつじ5―1日吉美山、太秦B1―1フォレスト、南つつじ2―0ボルト、南つつじ1―1太秦B、南つつじ0―0フォレスト、ボルト5―0園部W、南つつじ2―0フォレスト、COREA2―1南つつじ、フォレスト3―2ボルト、ボルト0―0南つつじ、フォレスト2―1COREA
【東南リーグ】
▽3部 鳳凰2―0醍醐A、西野1―1羽束師、宇治翔2―0醍醐A、三室戸10―0槇島、宇治翔3―0鳳凰、三室戸4―0西野、醍醐A2―1大久保、三室戸4―1トライルR、醍醐A2―1羽束師、御蔵山R6―0宇治翔、鳳凰3―1大久保、御蔵山R2―2トライルR、宇治翔2―1西野▽4部B 伏見B1―0山階、小倉2―0翼、神明1―0御蔵山W、翼2―2伏見B、神明0―0山階、小倉3―0御蔵山W、小倉1―0深草B、神明5―2菟道、小倉0―0山階、菟道2―1深草B
【2018年12月16日掲載】
関連ニュース
2018.12.16修学院Yが連覇
2018.12.09修学院Yが優勝
2018.11.11地域リーグ【府ブロック】【北ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】
2018.11.04地域リーグ【府ブロック】【東ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】
2018.10.14地域リーグ【府ブロック】【東ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】
2018.09.30地域リーグ【府ブロック】【西ブロック】
2018.09.16地域リーグ【北部ブロック】【東ブロック】【西ブロック】
2018.07.15地域リーグ【府ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】
2018.07.07技術の底上げへ改革
2018.06.24修学院Yが前期初優勝
2018.06.17地域リーグ【西ブロック】
2018.06.10地域リーグ【府ブロック】【東ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】【山城ブロック】
2018.06.03地域リーグ【府ブロック】【北部ブロック】【東ブロック】【西ブロック】【東南ブロック】
2018.05.20地域リーグ【東南ブロック】【山城ブロック】
2018.05.13地域リーグ【府ブロック】【北部ブロック】【東ブロック】【東南ブロック】
2018.05.06地域リーグ【山城ブロック】
2018.04.22栄冠へ、激戦キックオフ
2018.04.12ゴールを目指せ 124チームがリーグ戦