出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都マラソンの日にしっかり国道清掃 交通量激減の地域

今年の京都マラソン開催日の清掃活動について打ち合わせする中村警部補(右から2人目)と地域住民たち=京都市北区・小野郷駐在所
今年の京都マラソン開催日の清掃活動について打ち合わせする中村警部補(右から2人目)と地域住民たち=京都市北区・小野郷駐在所

 京都マラソンの開催日に合わせて京都市北区の小野郷と中川地区の駐在所や住民が、地元の道路の清掃を6年間続けている。マラソン当日は、マラソンコースと国道162号が交わる福王子交差点が一時的に封鎖されて国道が分断され、交通量が激減する状況を利用したアイデア。今年も18日のマラソン実施日にごみ拾いに取り組み、美麗な故郷を保ち続ける。

 マラソン開催日の清掃は、2012年の第1回大会に合わせて北署小野郷駐在所の当時の警察官が発案し、小野郷と中川の自治会に協力を求めて始めた。

 普段、国道162号は交通量が多く、ゆっくり清掃することは難しい。だが、マラソン開催日の午前中はコース道路による封鎖とノーマイカーデーが相まって国道162号にはほとんど車が入らない。マラソンの日は道路をしっかり掃除できると好評で徐々に住民に定着していった。

 昨年(2月19日開催)の清掃には、両地区から約80人の住民が参加して地元を走る国道の計4キロ分で活動した。午前9時から約2時間で空き缶やペットボトル、弁当の容器のほか、家電や布団なども含めて約40袋もごみが集まった。中にはバーベキュー後の食器類などをそのまま捨てたごみもあったという。

 毎年清掃を呼び掛けている小野郷駐在所の中村哲朗警部補(41)は「ごみの捨て主を突き止めて摘発した事例もあった。ごみを捨てる人は自分の庭に捨てられたらどんな思いをするのか考えてほしい」とし、「今年も住民に参加してもらい、全体で地域をきれいに守る気持ちを高めていきたい」と話している。

【 2018年02月04日 19時30分 】

ニュース写真

  • 今年の京都マラソン開催日の清掃活動について打ち合わせする中村警部補(右から2人目)と地域住民たち=京都市北区・小野郷駐在所
  • 昨年の国道162号沿いの清掃活動(2017年2月19日撮影、小野郷駐在所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      01年以来の4強ならず 近江、2点スクイズ逆転サヨナラ

      20180818000162

       第100回全国高校野球選手権第14日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]