出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

LINE、京都に開発拠点開設 IT人材の獲得激化

「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)
「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)

 無料通信アプリのLINEは13日、東京、福岡に続く国内3カ所目の技術開発拠点「LINE KYOTO」を京都市下京区のビルに開設した。学生が多く、外国人の人気も高い京都で多くのIT人材を確保し、スマートスピーカー向けをはじめとした新サービスの開発を加速させる狙いだ。京都市内には、ほかにも大手企業の拠点が相次いで進出しており、人材獲得競争が激化しそうだ。

 「開発者の感性や能力がサービスの開発に大きな影響をもたらす。1人でも(多くの)優秀な人に入っていただきたい」。LINEの出澤剛社長は同日、表敬訪問した京都市役所(中京区)で会見し、京都進出の目的が技術者の採用にあることを明らかにした。

 出澤社長が京都の利点に挙げたのは学生の多さだ。「優秀な大学が集積している。即戦力の学生に最先端の開発に触れてもらうなど、成長の機会を提供したい」と述べ、IT技術者を目指す学生にラブコールを送った。

 外国人を引きつける街の魅力も決め手になった。「海外エンジニアの間で京都は人気がある。1千人以上のエントリー(社員への応募)があるが、80%は外国人」(出澤社長)。実際、京都の拠点開設で採用した10人中7人が外国人という。

 今春に採用され、京都の拠点で働く坂田亘さん(26)は京都大情報学研究科の出身。所属研究室がLINEの共同研究先だった縁で入社したという。「会社に入った後も母校との共同研究に携われるのが良い」と話す。

 LINEは現在18人の京都の人員を早期に100人規模に増やす。新たなオフィスも探しているという。出澤社長は「最初はスマートスピーカーのサービスを開発するが、100人規模になると総合的サービスになる。京都から世界に羽ばたくサービスをつくりたい」と語った。京都を訪れる外国人観光客の需要を見込み、電子決済やシェアサイクリングなどにも前向きな姿勢を示した。

【 2018年06月13日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)
  • 「LINE KYOTO」の狙いについて説明する出澤社長(右)=京都市下京区

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース