出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女子駅伝、各区走者発表! 豪華な1区、9区MGC獲得3人

力走を誓う(右から)松田、前田、野上、鈴木、安藤=ロームシアター京都
力走を誓う(右から)松田、前田、野上、鈴木、安藤=ロームシアター京都

 皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)は号砲を明日に控えた12日、47都道府県のオーダーが決まった。MGC出場権獲得者は9区に3人、4区に2人が起用され、1区は各世代のスピードランナーが集まる豪華な顔ぶれとなった。

 最長10キロを走る9区には日本代表経験者が名を連ねた。鈴木(愛知)、前田穂(大阪)、野上(長崎)のMGC出場者をはじめ、ロンドン五輪代表の新谷(東京)の存在感も光る。アジア大会代表の堀(神奈川)や世界選手権ロンドン大会マラソン代表の清田(静岡)も走り、プライドをかけた白熱の勝負が見られそうだ。

 1区は前回区間賞の鍋島(高知)をはじめ、全日本実業団駅伝で2年連続1区区間賞の森田(神奈川)、同2位の荘司(愛知)、同駅伝3区3位の筒井(京都)、アジア大会3000メートル障害代表の石沢(広島)ら実力者ぞろい。大学生も全日本大学駅伝3区1位の高松(大阪)や2区1位の鈴木(秋田)、U20世界選手権3000メートル金メダルの田中(兵庫)、全日本大学選抜駅伝2区区間賞の五島(石川)らが集結。全国高校駅伝1区区間賞の広中(長崎)にも注目が集まる。

 4区はMGC出場者の安藤(静岡)と松田(大阪)が挑む。前回6区区間賞の後藤(兵庫)や全国高校駅伝1区4位の古川(愛知)や同5位の小笠原(山梨)、同駅伝5区4位の小林(長野)ら有力高校生も楽しみ。

 2区は全日本実業団駅伝2区1位の山本(静岡)や同2位の倉岡(鹿児島)、同駅伝6区2位の長谷川(京都)らに勢いがある。全日本大学駅伝1区1位の和田(長野)や同2位の佐藤(神奈川)、全日本大学選抜駅伝3区区間賞の樺沢(群馬)、全国高校駅伝1区2位の藤中(愛知)も力を秘める。

 MGC出場権を獲得し、東京五輪マラソン代表を目指す5人が都大路を走る。それぞれの思惑を胸に、勝負の年の幕開けとなるレースでの力走を誓った。

 9区を走るのは3人。リオデジャネイロ五輪代表の鈴木亜由子(愛知、日本郵政グループ)は昨夏の初マラソンでMGC出場を決めた。全国女子駅伝は10度目の出場。「わくわくしている。前半から突っ込んでみたい」と意欲をのぞかせた。

 前田穂南(大阪、天満屋)は初出場だ。2017年夏に女子一番乗りでMGC出場を決めた。実力急上昇中の22歳は「体調は順調。初めてなので楽しく走りたい」と淡々と語った。

 33歳の野上恵子(長崎、十八銀行)は前回アンカーで長崎の3位に貢献し、昨年8月のジャカルタ・アジア大会では銀メダル。「今までにない経験をした一年だった。粘り強く最後まで走れたら」とリラックスした表情。

 4区は2人が競い合う。昨年の大阪国際女子を制した松田瑞生(大阪、ダイハツ)は、「MGCを見据え今は休む時期。今の力で最後まで走りたい」と気負わない。安藤友香(静岡、スズキ浜松AC)のマラソン自己ベストの2時間21分36秒は、MGC出場権獲得者の中では最高タイムだ。秋のけがから復調途上で「今の自分で持てる力を発揮すれば今後のレースにつながる」と穏やかな表情だった。

【 2019年01月12日 21時10分 】

ニュース写真

  • 力走を誓う(右から)松田、前田、野上、鈴木、安藤=ロームシアター京都
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース