出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

伊右衛門サロン京都が移転 著名料理人協力、メニュー一新

29日にオープンする「伊右衛門サロンアトリエ京都」(京都市東山区)
29日にオープンする「伊右衛門サロンアトリエ京都」(京都市東山区)

 京都市中京区にあった日本茶カフェ「伊右衛門サロン京都」が、東山区に移転して「伊右衛門サロンアトリエ京都」として29日にリニューアルオープンする。観光客が多い八坂神社南側で食べ物を中心にメニューを一新。日本茶の新しい楽しみ方を提案する。

 カフェ・カンパニー(東京)が、サントリー食品インターナショナルと福寿園の協力を受けてオープンさせる。レストランとして使われていた店舗を改装し、和の雰囲気を取り入れた落ち着いた内装とした。

 計47席あり、1階はカウンター席が中心で、2階はバーやティールームも用意した。京都吉兆の総料理長徳岡邦夫氏やレストランよねむらのオーナーシェフ米村昌泰氏、料理家のSHIORI氏らの協力でメニューを開発。抹茶や煎茶、ほうじ茶とともに四季折々の素材を使った蒸しずしや釜炊きご飯のコースなども展開する。デザートの和洋菓子には100%植物性の「ヴィーガンデザート」を取りそろえる。営業時間は午前8時~午後11時。

【 2019年03月28日 17時05分 】

ニュース写真

  • 29日にオープンする「伊右衛門サロンアトリエ京都」(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース