出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小林陵侑が史上最多6連勝
原田に並ぶW杯ジャンプ9勝

 W杯ジャンプ男子個人で史上最多に並ぶ6連勝を果たし、表彰式でガッツポーズする小林陵侑=バルディフィエメ(共同)
 W杯ジャンプ男子個人で史上最多に並ぶ6連勝を果たし、表彰式でガッツポーズする小林陵侑=バルディフィエメ(共同)

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は12日、イタリアのバルディフィエメで個人第12戦(ヒルサイズ=HS135メートル)が行われ、年末年始のジャンプ週間で4戦4勝の完全制覇を達成した小林陵侑(土屋ホーム)が135メートル、136メートルの合計315・0点で圧勝し、史上最多に並ぶ6連勝を果たした。W杯ジャンプ男子の6連勝は5人目。

 今季の個人第2戦で初優勝した22歳の小林陵は日本選手のW杯シーズン最多勝利記録を9に伸ばし、通算勝利数では日本歴代3位の原田雅彦に並んだ。

【 2019年01月13日 05時16分 】

ニュース写真

  •  W杯ジャンプ男子個人で史上最多に並ぶ6連勝を果たし、表彰式でガッツポーズする小林陵侑=バルディフィエメ(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース