出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

スマホ好調、業績大幅改善 京都・滋賀の48社9月中間決算

2017年9月中間業績
2017年9月中間業績

 京都、滋賀に本社を置く3月期決算の上場企業(金融4社除く)48社の2017年9月中間決算は、経常利益が増益や黒字転換だった企業が3分の2にあたる32社に上った。スマートフォンや半導体関連の需要増加や海外経済の復調を追い風に、過去最高益を更新する企業も相次いだ。

 経常損益は、増益が27社(56・3%)、黒字転換が5社(10・4%)だった一方、減益は13社(27・1%)、赤字は2社(4・2%)にとどまった。減益と赤字の企業が半数を超えていた前年同期に比べると、企業業績は大幅に改善した。

 けん引役は高機能化が進むスマートフォンや、メーカーの設備投資が活発な半導体だ。NISSHAはタッチパネルに使うタッチセンサーが大手スマホに採用され、黒字転換した。TOWAもスマホ用カメラ部品の需要拡大で半導体樹脂封止装置が伸び、売上高は最高となった。半導体製造装置を扱うSCREENホールディングスや、マイコンを販売するたけびしも、最高益を達成した。

 回復基調が続く海外需要を取り込んだ企業も目立った。島津製作所は、計測・分析装置が中国を中心に伸びて過去最高益を更新。松風も、歯科材料が北米や中国で受注が増え、増収増益だった。円安も採算向上に寄与し、ニチコンやニチダイは経常増益となった。

 自動車関連も好調だった。エンジン部品を製造するサンコールやメタルアート、ねじのヤマシナはそろって経常増益だった。

 売り上げを伸ばしながら、利益面で原材料費上昇に足を引っ張られるケースも一部で見られた。ジーエス・ユアサコーポレーションは蓄電池に使う鉛、三洋化成工業はナフサの価格上昇の影響を受け、増収減益となった。

【 2017年11月15日 08時49分 】

ニュース写真

  • 2017年9月中間業績
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      水玉模様で車の速度抑制図る
      群馬・安中で一般道初の試み

      20180922000002

       群馬県安中市の国道18号碓氷バイパスの一部区間で交通事故防止を狙い、水玉模様の路面標示..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      陸上女子1万メートル、一山は7位 全日本実業団対抗選手権

      20180921000196

       陸上の全日本実業団対抗選手権は21日、ヤンマースタジアム長居で開幕し、女子1万メートル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]

      国際

      メイ英首相、EUに対案提示要求
      離脱方針で

      20180921000207

       【ロンドン共同】メイ英首相は21日、オーストリアでの欧州連合(EU)非公式首脳会議で自..... [ 記事へ ]