出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小6生、難関へ挑戦 京都と滋賀で公・私立中入試

問題が配布されるのを静かに待つ受験生たち(13日午前9時17分、京都市左京区・洛北高付属中)
問題が配布されるのを静かに待つ受験生たち(13日午前9時17分、京都市左京区・洛北高付属中)

 京都府と滋賀県の公立高付属中や私立中などで13日、2018年度入試が始まった。小学6年生が合格を目指し、緊張した面持ちで問題に取り組んだ。

 府内でこの日行うのは公立5校と私立20校、国立大付属1校。京都市左京区の府立洛北高付属中では定員80人に対し、298人(倍率3・73倍)が受験した。晴れ渡った空の下、児童たちは正門前で保護者や塾関係者から励ましを受け、教室に入った。諸注意を受けた後、開始の合図で文章読解などの問題に臨んだ。午後からは面接が行われる。

 公立では新設の府立南陽高付属中が134人(同3・35倍)、府立園部高付属中が67人(同1・68倍)、府立福知山高付属中が92人(同2・30倍)。京都市立西京高付属中は543人(同4・53倍)が受けた。

 滋賀県内では守山など県立の3校と私立6校、国立大付属1校、1中等教育学校で入試があった。

■京都の公立高付属5中学校の試験問題は、京都新聞ホームページに掲載しています。下のリンク「中高一貫教育 入学試験 」からご覧いただけます。

【 2018年01月13日 14時00分 】

ニュース写真

  • 問題が配布されるのを静かに待つ受験生たち(13日午前9時17分、京都市左京区・洛北高付属中)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース