出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

性犯罪絵本に男性被害例も 大津のNPO、相談呼び掛け

おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)
おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)

 犯罪に巻き込まれた人たちからの無料相談などに取り組む大津市のNPO法人「おうみ犯罪被害者支援センター」は、恐喝や痴漢など犯罪被害の事例をまとめた、知的障害者や子ども向けの絵本「たすけて」の改訂版を作った。昨年の改正刑法施行を受け、男性の性犯罪被害を新たに盛り込み、事件に遭った場合は同センターなどの専門機関に相談するよう呼び掛けている。

 性犯罪を厳罰化した改正刑法は被害者に男性を含めた。「ボクは、だれもいないところでパンツをおろされて、体をさわられました」「ずっとだまってガマンしていました」などと平仮名を多用した文章に手描きのイラストを添え、犯罪事例を分かりやすく伝えている。

 中には被害を周囲に打ち明けられなかったり、自分を責めたりする人も少なくない。そんな心の葛藤も描き加え、当事者が声を上げるのを後押ししている。

 「たすけて」は知的障害者向けに2014年に作成したところ、内容が平易なことから児童らが犯罪被害を正しく理解する教本としても好評で、全国から問い合わせがあった。残部がなくなったため改訂版を企画した。

 B5判、34ページ。千部作成し、県内の共同作業所や特別支援学校に配布予定。絵本を読み聞かせしたDVDも300枚作った。

 同センターは「特に性被害の場合は自責の念に駆られる人が多いが、被害者は悪くない。勇気を出して相談してほしい」と話す。問い合わせは同センター077(527)5310。

【 2018年03月11日 21時00分 】

ニュース写真

  • おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      楽天・アマダーの制裁処分が確定
      ドーピング違反、出場停止半

      20180921000109

       日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング特別委員会は21日、ドーピング違反で6カ月の..... [ 記事へ ]

      経済

      規制強化で金融の事業主体が一変
      野村HDの永井CEO

      20180921000108

       野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)(59)が21日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]