出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新燃岳、活発な噴火活動続く
溶岩の流出も進む

 白煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳。左下の黒い部分は火口からあふれ出た溶岩流=14日午後0時16分(共同通信社ヘリから)
 白煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳。左下の黒い部分は火口からあふれ出た溶岩流=14日午後0時16分(共同通信社ヘリから)

 宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)では、最初の爆発的噴火から1週間以上が経過した14日も活発な噴火活動が続いた。火口北西方向からあふれ出た真っ黒な溶岩流が、共同通信社のヘリコプターから確認できた。気象庁によると、外側斜面の溶岩流は観測を始めた9日に比べ約38メートル延びた。

 この日噴煙は一時、火口から高さ約2900メートルまで達した。爆発的噴火は13日以降観測されていないが、気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持。火口から約4キロの範囲で大きな噴石、約2キロの範囲で火砕流による被害の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

【 2018年03月14日 19時31分 】

ニュース写真

  •  白煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳。左下の黒い部分は火口からあふれ出た溶岩流=14日午後0時16分(共同通信社ヘリから)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      選手の理解は困難とJADA専務
      反ドーピング、ロシア処分解

      20180921000113

       ロシアの国ぐるみのドーピング問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務..... [ 記事へ ]

      経済

      規制強化で金融の事業主体が一変
      野村HDの永井CEO

      20180921000108

       野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)(59)が21日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]