出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪偽ピンバッジ所持疑いで逮捕
マスコット使用、警視庁が全国初

 2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」を複製したピンバッジ=12日午前、警視庁愛宕署
 2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」を複製したピンバッジ=12日午前、警視庁愛宕署

 東京五輪のマスコットを無許可で使用したピンバッジを販売目的で所持したとして、警視庁生活経済課は12日までに、著作権法違反容疑で埼玉県川越市南台、自称輸入販売業土場孝弘容疑者(48)を現行犯逮捕した。同課によると五輪マスコットの偽グッズの摘発は全国初。

 逮捕容疑は、10日午前8時50分ごろ、自宅でマスコット「ミライトワ」のピンバッジ5個を販売目的で所持した疑い。容疑を認めている。

 生活経済課によると、偽ピンバッジは正規品では存在しないデザインだった。土場容疑者は海外のネットオークションサイトで偽物とみられるピンバッジを購入しネットで転売を繰り返していた。

【 2018年10月12日 12時16分 】

ニュース写真

  •  2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」を複製したピンバッジ=12日午前、警視庁愛宕署
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース