出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鑑識活動にドローン活用、警視庁
訓練を公開、一部で運用開始

 訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設
 訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設

 警視庁は12日、東京都内の施設で、事件の鑑識活動にカメラ付きのドローンを活用する訓練を公開した。上空からの画像などで現場の状況を把握するのが狙い。既に一部で運用を始めている。

 訓練は、屋外での死体遺棄事件を想定したもので、鑑識課員が操縦するドローンが上空から現場を調べ、地上のモニターに送信される画像を確認。犯人の遺留品とみられるスコップを見つけ、地上で活動する別の課員に伝えて警察犬による遺体発見につなげた。

 鑑識課によると、課員は昨年6月からドローンの操縦訓練を受け、今年1月から現場で使用を開始した。

【 2018年10月12日 17時11分 】

ニュース写真

  •  訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース