出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

相模原住宅火災、2遺体見つかる
住民の80代夫婦か

 相模原市中央区の火災現場
 相模原市中央区の火災現場

 12日午後10時ごろ、相模原市中央区田名の無職嶋田夏通さん(87)宅が燃えていると近隣の女性から110番があった。木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から13日に2人の遺体が見つかった。連絡が取れていない嶋田さんと妻の浜子さん(84)の可能性があるとみて、相模原署が身元や出火原因を調べている。

 署によると、嶋田さん宅のほか周辺の住宅4棟が全焼し、2棟が一部焼損した。嶋田さんは妻と50代の長男の3人暮らし。長男は外出しており無事だった。

 現場はJR相模線上溝駅から西約3キロの住宅地。避難した住民らが寒さに震えながら、消火活動を見守った。

【 2019年01月13日 23時59分 】

ニュース写真

  •  相模原市中央区の火災現場
  •  7棟が焼ける火災が発生した住宅地付近=12日夜、相模原市中央区(近隣住民提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース