出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジビエ販売「上世屋獣肉店」が完成 京都・宮津、移住促進に

近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)
近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)

 京都府内有数の豪雪地帯として知られる宮津市上世屋に簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」が完成した。近くの野山で捕獲したシカやイノシシを解体処理し、ジビエ(狩猟肉)として販売。冬場のなりわいづくりや収入確保につなげる狙いだ。

 山あいにある上世屋では棚田で米作りなどが行われているが、冬季は2メートル近い雪に覆われ、通年の農業に適さない。出稼ぎする人も多く、地域の過疎化に拍車を掛けていた。

 小さな共同体を維持していくための方策を模索する中、住民有志でつくる「ドチャック会議」(上世屋定住促進協議会)代表で農家の小山愛生さん(36)が移住前の会社員時代から趣味として狩猟を続けていたことから、ジビエの販売で生計を立てる手段とするため獣肉の解体施設を造ることにした。

 施設は木造平屋建て約35平方メートルで事業費は約650万円。府や市の補助金を活用した。処理頭数が少なくても黒字化できるようコストを抑え、解体作業台や洗い場、冷蔵庫など最低限の設備で解体から加工まで行う。

 開設に当たって南丹市美山町で研修を受け、解体技術や商品化のノウハウを学んだ小山さん。「施設の完成をきっかけに狩猟が職業の選択肢の一つになり、移住者の増加につながればうれしい」と話す。問い合わせは小山さん090(6271)1397。

【 2018年03月13日 11時55分 】

ニュース写真

  • 近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「志賀草津道路」の通行止め解除
      噴火警戒レベル引き下げ

      20180922000027

       群馬県草津町と長野県を結ぶ観光ルート「志賀草津道路」(国道292号)は、両県にまたがる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      WBC、ネリの資格回復
      体重超過で王座剥奪

      20180922000030

       世界ボクシング評議会(WBC)は21日、体重超過で王座剥奪となり、6カ月の資格停止処分..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の旅「ロボホン」がガイド タクシーで観光地巡り

      20180922000020

       タクシー会社のエムケイ(京都市南区)やJTBなどは、シャープ製のモバイル型ロボット「R..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]

      国際

      中国がドミニカに大使館開設
      5月に台湾と断交

      20180922000019

       【リオデジャネイロ共同】5月に台湾と断交し、中国と外交関係を結んだカリブ海のドミニカ共..... [ 記事へ ]