出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

100勝目指す後輩にエール 京都、平安高OBが貼り絵展示

守備につく選手たちや満員のスタンドを和紙で表現した湯浅さんの貼り絵(京都市上京区・画廊「三郎」)
守備につく選手たちや満員のスタンドを和紙で表現した湯浅さんの貼り絵(京都市上京区・画廊「三郎」)

 平安高(現龍谷大付属平安高)野球部で、60年前に夏の甲子園に出場した和紙貼り絵作家が、当時の試合の様子を表現した作品を、京都市上京区の自宅兼画廊で展示している。龍谷大付属平安高は11日の試合で勝利すれば甲子園で春夏通算100勝。「60歳離れた後輩たちにがんばってほしい」とエールを送る。

 湯浅三郎さん(78)。8強入りを果たした1958年の第40回大会でベンチ入りメンバーに選ばれ、初戦の山形南高戦では代打で打席に立った。貼り絵はこの試合の様子を表したもので、20年ほど前に制作。守備につく選手たちには当時の顔写真を貼り付け、背番号11を付けた自らの姿も描いた。満員のスタンドや広告のアドバルーンなども和紙で描写している。

 湯浅さんは2014年春の選抜大会優勝などの際にも同様の作品を作り、母校に寄贈してきたが、この作品が原点。今年は夏の大会が100回記念で、母校も甲子園に出場する。応援の思いをこめて、展示することに決めた。

 今夏の京都大会もわかさスタジアム京都(右京区)で観戦し、後輩たちの活躍を見守ってきた。「打撃がよく、調子はいい。60歳下の選手たちが勝利できるよう、応援したい」と話している。

 作品展「思い出の甲子園」は25日まで画廊「三郎」で開催。日・月曜休館。問い合わせは同画廊075(231)4620。

【 2018年08月11日 09時10分 】

ニュース写真

  • 守備につく選手たちや満員のスタンドを和紙で表現した湯浅さんの貼り絵(京都市上京区・画廊「三郎」)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、大迫が移籍後初得点
      ドイツ杯1回戦

      20180818000177

       【ウォルムス(ドイツ)共同】サッカーのドイツ・カップ1回戦は18日、各地で行われ、今季..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]