出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

葛西が今季自己最高5位
W杯ジャンプ男子第12戦

 2回目で227メートルを飛び、ガッツポーズする葛西紀明。今季自己最高の5位となった=バートミッテルンドルフ(共同)
 2回目で227メートルを飛び、ガッツポーズする葛西紀明。今季自己最高の5位となった=バートミッテルンドルフ(共同)

 【バートミッテルンドルフ(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は13日、オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第12戦(ヒルサイズ=HS235メートル)が行われ、平昌冬季五輪代表に選ばれた45歳の葛西紀明(土屋ホーム)が216メートル、227メートルの合計395・0点で今季自己最高の5位となった。

 アンドレアス・スティエルネン(ノルウェー)が229メートル、226メートルの407・6点でW杯初優勝を果たした。竹内択(北野建設)は22位、小林陵侑(土屋ホーム)は28位だった。

【 2018年01月14日 01時06分 】

ニュース写真

  •  2回目で227メートルを飛び、ガッツポーズする葛西紀明。今季自己最高の5位となった=バートミッテルンドルフ(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース