出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

バレー、日本は3次リーグへ
女子世界選手権

 日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ
 日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ

 バレーボール女子の世界選手権第10日は11日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグ最終戦が行われ、E組で世界ランキング6位の日本は4位ブラジルに2―3で敗れて7勝2敗となったが、勝ち点差でE組2位になって6強による3次リーグに進んだ。

 日本は荒木(トヨタ車体)のサーブなどで第1セットを25―23で先取。古賀(NEC)の強打などで第2セットも25―16で制したが、第3セットを26―28で失うとその後も21―25、11―15で奪われた。E組はオランダがセルビアに勝ち、8勝1敗で突破が決定。F組はイタリアが前回優勝の米国に勝ち、9戦全勝で1位となった。

【 2018年10月12日 06時56分 】

ニュース写真

  •  日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース